剃毛はグローバルスタンダード

つるっつるを目指して…
大阪市中心部へのアクセスに富んだこの街で、新しい生活を築いていきませんか? 株式会社ワールド・ワンがお勧めする八尾市 新築不動産情報をお知りになられたい方は、まずは弊社までお気軽にご連絡下さい。 スタッフが懇切丁寧にご案内致します。

ヌーディスト文化

フランスのニースは観光都市としてとっても人気のあるリゾートですが、ビーチにはトップレスの女性たちが日焼けを楽しんでいます。日本のビーチでトップレスの人など100%いませんが、アジアンビーチ(タイやバリ)などでもトップレスで日光浴を楽しむ人たちがたくさんいます。だいたいヨーロッパの観光客ですが、脱ぎっぷりがいいので見ていて気持ちよくなるほど。そして彼女たちを見て共通しているのが、とにかくムダ毛ゼロということです。上半身はトップレス。そしてアンダーウェア―にTバックの水着というのも決して珍しくありません。もちろんアンダーヘアーも処理すみでしょう。お国柄、アンダーヘアーを綺麗に処理するのが当たり前ですから。

そして、日本にはありませんが【ヌーディトビーチ】も存在しているんです。そしてビーチだけではなく、森林浴などでも全裸で行ったり、スポーツも全裸という文化も実際にあります。それは【ヌーディズム】といって、全裸でいながらも服を着た状態と同じように過ごすことで別名が【裸体主義】といいます。

ヌーディズムは一般的に、衣服の拘束からの解放感と、全身が直接日光や水や空気に触れることを楽しむことを目的にしています。レクリエーション、そしてリラックス法として実践されています。全裸の状態で公園・海岸・森林などで日光浴・海水浴・外気浴・森林浴・スポーツなどを行ったり、全裸になって屋内で過ごすことなどが挙げられます。

日本のスーパー銭湯などのように、お風呂に入ったり、衣服を着替えるために全裸になることは、ヌーディズムとはいいません。

「ヌーディズム先進国」のドイツやフランスなどでは、家族や仲間の間でヌーディズムが実践されています。また、ヌーディズムを否定的に捉える人ももちろんいるので、「棲み分け」を図るために、専用のビーチやキャンプ施設等が設けられている場合も多くあります。ヌーディスト専用のホテルも存在しています。ヨーロッパではアンダーヘアーの処理がごくごく普通で一般的に行なわれているので、現在のヌーディストは完全に局部を剃っている人が多いのですが、陰毛に関する規定はないので、はやしていても大丈夫ですがヌーディスト専用のところに行くときには、剃毛していた方がいいでしょう。

そしてヌーディズム先進国では、いわゆる露出行為とは「性的感情の有無」などを基準にしっかりと区別されています。しかし、日本を含めてそれ以外の地域では【ヌーディスト】=【露出好き】と、同一視されてしまうことも多くあります。

剃毛のススメ

ヌーディズムその歴史

19世紀末のヨーロッパで、工業生産の増大と鉄道、自動車による加速度的な近代化に反発するかたちで、自然回帰の動きが高まりました。ハンドクラフト運動、禁煙・禁酒運動、健康食、健康飲料(果実ジュースなど)、ダンス、海水浴、日光浴、ワンダーフォーゲル、ハイキングなど野外活動の推奨などが声高に叫ばれ始めた頃に、ヌーディズム運動がまずドイツで始まりました。続いて他のヨーロッパ各国に広がっていき、さらにアメリカ大陸やオーストラリアなどにも広まっていきました。

1920年にフランス最初のナチュリズム施設「スパルタクラブ」がヴァル=ドワーズ県にでき、1950年にはフランスナチュリズム連盟(FFN)が設立されました。

ヨーロッパが東西の両陣営に分裂していた時にも、夏場には東欧諸国やソビエト連邦内部の欧州側にはこうした文化がしっかりと存在していました。

2002年の時点においてFFN加盟のヌーディストキャンプは約170ヵ所ありますが、小規模の所は数十人を収容できるぐらいの簡単なキャンプ場から、大きな規模ですと大西洋岸のEURONATのような数千人を収容できる規模まであり様々です。自治体によって認可されているヌーディズム用の海岸と川、湖は2000年時点で約70カ所あります。

ヌーディズムの現状

では、ヌーディズムの現状はどのようになっているでしょう?!ヌーディズムを愛好して実践する人たちは、まだまだ少数派に止まっているのが現状です。しかし、西欧諸国を中心にして、多数の「ヌーディストビーチ」や「ヌーディストキャンプ」があります。南フランスのキャプ・ダグド (Cap d'Agde) のような大規模な施設は「ヌーディストリゾート」と呼ばれることもあります。

ヌーディズムで活動のできる場所のガイドブックは、ヨーロッパでは夏場に、駅のキヨスクのようなところで簡単に手に入れることができます。国家や地方自治体が公的に用意した観光案内のホームページでもヌーディズムの紹介が掲載されていたり、ヌーディストサイトを紹介するガイドブックがダウンロードできるので、ヌーディズムは社会的に一定の認知を受けています。海岸だけでなく、大都市部の真ん中の公園なども夏場には、こうした愛好者たちが集まって来ます。そして教会や市議会などでは、毎年のように対応が議論されています。

全裸が義務づけられて裸になる人だけが入場できる所と、服は着ても着なくてもいい("clothing optional")という所がありますが、いずれの場合でも、他人の裸を見ることではなくて、自分が裸になることを楽しむための場所です。ヌーディズムが一定の社会認知を得ている欧米でも、法律とのトラブルを避けるためにも性的な行動を除外しようとする所が多くなっています。ただし例外的に、性的な関係を求める者が集まる危険な場所も存在しています。

ヌーディズムで楽しめる場所には、その規模によって様々になっていますが、プール・サウナをはじめとして、テニス場・アーチェリー場・ジムなどのスポーツ施設、売店・レストラン・子供の遊び場なども設置されています。また、イベントとして、スポーツ大会・歌謡・ダンスパーティー・コンテスト・ボディペインティング・映画上映会などが催されることがあります。これらを総称してヌードレクリエーション(略してヌーレク)と言います。

一般的には、週末や休日などにヌーディズムの場所に、カップル、夫婦、家族連れなどで出かけます。日帰りで出かけたり、または宿泊して(1泊から、夏の長期休暇には数週間も)過ごします。椅子などに座る際はタオルを敷くことが衛生上のエチケットとして求められています。そして裸でいることを除いて、基本的な日常生活でのマナーは全て必要になっています。

また、特別な場所に出掛けるのではなく、自宅などで全裸で日常生活を行う人もいます。また、他人が立ち入らない野山や海岸でヌーディズムを実践する人達もいます。かなり深い山の中で、全裸でカヌーをしたりと楽しみ方は人それぞれです。スポーツやアウトドア―ではなく、露天風呂や混浴風呂などの施設を利用して、全裸の開放感を楽しむ人もいます。

日本での状況

2013年現在で、日本には自治体公認のヌーディストビーチなど、公共のヌーディズム実践の場所は存在していません。。刑法上の問題で公共の場で全裸でいることが可能なのは、銭湯や公衆浴場、露天風呂などを除いてほとんどありません。また男女が同時に全裸でいることが可能なのは、混浴の場合が唯一許容されているのみです。

日本でも1970年代初めには、和歌山県の白浜海岸で、ヌーディストビーチを設置する計画がありましたが、実現はしませんでした。またその後に、インターネットの普及によって1997年頃からヌーディズム関係のホームページが開かれるようになりました。掲示板上での交流が行なわれて仲間を集めて活動したり、私的なクラブが設立されたりしていますが、公共のヌーディストビーチを開設しようとするなど、のまとまった形のヌーディズム運動が展開されるにはまだ至っていないのが現状です。また中国や韓国では、2004年から2005年にかけて、ヌーディストビーチ開設の動きがありましたが、こちらも実現していません。

もじゃもじゃ・ツルツルどっちがいいのか・・・

もし日本で全裸になったら?

全裸になって他人の性的羞恥心を害すると、刑法第174条の「公然わいせつ罪」に問われます。わいせつの解釈や状況次第では有罪になることもあります。ヌーディズムは、日本人全体から見ればごく少数による活動なので日本で広く理解を得ているとは言えません。

全裸が性欲を興奮させて、刺激する行動であると考える人が多数になっているので、たとえ私有地や屋内であっても他者の目に触れる状況であれば変質者や露出狂とみなされます。刑法にはヌーディズムそのものを制限する条文はないので、当然ながら他者の目に触れない場所での実践までは制限されていません。

刑法上の問題以外でも、ヌーディズムに反対する意見の根幹にあるのは、公共の場などで「裸でいること」そのものに対する反対です。「裸でいること」を必要条件とするヌーディズム推進派とは根本的に相容れないのはそこにあります。ヌーディズム推進派はこれに対して、活動が性愛的な要素を含まないこと、「裸でいること」による健康面における様々な効果と、「裸でいること」に対する羞恥心や嫌悪感は後天的なもの。と主張していますが、ヌーディズに反対する意見を説得できていないのが現状です。

剃毛はグローバルスタンダード
TOPページ ヌーディスト文化 ヌードでの活動と抗議運動 その1 ヌードでの活動と抗議運動 その2 ヌードでの活動と抗議運動 その3
コーラン 聖書とコーランの関係 その1 聖書とコーランの関係 その2 コーランの翻訳と研究 その1 コーランの翻訳と研究 その2