剃毛はグローバルスタンダード

つるっつるを目指して…

コーラン

イスラム教は「コーラン」の教えを忠実に守っています。「コーランの教え」が全てなので、剃毛することも「コーラン」には含まれています。ではその「コーラン」とはどのようなものなのでしょう?!私たちは「コーラン」はイスラム教の教えを書いているものという程度しか知りませんので、「コーラン」そのものについてみてみましょう!

まず「コーラン」ですが、アラビア語では定冠詞が伴って「アル=クルアーン」と呼ばれています。クルアーンはイスラム教の聖典でもあります。イスラムの信仰では、唯一不二の神(アッラーフ)から最後の預言者に任命されたムハンマドに対して下された啓示と位置付けられています。ムハンマドの生前に、多くの書記によって記録されました。死後にまとめられた現在の形は114章から成り立っています。

剃毛のススメ

成立と聖典化

コーランの成立経緯は、コーラン自身とハディース(預言者ムハンマドの言行録)、ムスリム(イスラム教徒)の伝承によると、アラビアヒジャーズ地方の町マッカ(メッカ)の商人だったムハンマドは、40歳ぐらいだった西暦610年頃、迷うところがあってしばしばマッカ郊外のヒラー山の洞窟で瞑想していました。ある日の瞑想中に突然、大天使ジブリール(ガブリエル)が彼のところにあらわれて、神から託された第一の啓示を与えました。

はじめムハンマドはこれを天使ジブリールをジン(魔人)に化かされたものか?!と思って恐怖を覚えましたが、やがてこれを真に神から与えられた啓示と信じて、ムハンマド自ら啓示を受け取って人々に伝える使徒としての役割を務めることを決意しました。そうして啓示はムハンマドが死ぬまで何回にも分けて下されることになりました。

ムハンマド自身は文字が書けないということもあり、ムハンマドを通じて伝えられた啓示はムハンマドと信徒たちの暗記によって記憶されていき、口伝えで伝承され、それをまた書記によって記録され伝承されました。

しかし後にムハンマドと直接接して啓示を記憶した者たちが虐殺されはじめました。そのこともあり、記憶を留めるためにクルアーンを一冊にする作業がはかられ始めました。このように書物の形にまとめられたコーランをムスハフといいます。

書物としてまとめられる以前にはは、イスラーム共同体全体としての統一した文字化が行われていなかったということもあり、次第に伝承者や地域によって内容に異同が生じたり、伝承者による意図的な内容の変更や伝承過程での混乱が生まれてことで、はじめて問題となりました。

第3代正統カリフのウスマーンは、このことに危機感を抱くことになりコーランの正典化を命じて、650年頃ザイド・イブン=サービトたちによってクルアーンの編集・文書化が行われることになり1冊のムスハフにまとめました。ウスマーンは公定ムスハフを標準コーラン(ウスマーン版と呼ぶ)として、それ以外のムスハフを焼却させました。このためウスマーン版を除くムスハフは現在までのところ発見さえれていないので、コーランに偽典や外典のたぐいは存在しないとされています。

コーランの特徴

イスラーム教での位置づけ

コーランは、神がムハンマドを通じてアラブ人にアラビア語で伝えた神の言葉そのものであるとされています。聖典としての内容と意味も、そして言葉そのものも、全てが神に由来しています。

コーランンが神の言葉そのものであることを信じることは、イスラーム教の信仰の根幹でもあります。イスラーム神学では、コーランは神の言葉そのものである以上、神に由来するもので、神の被造物には含まれていません。コーランを記した文字や本、コーランを人間が読誦したときにあらわれる音は、被造物である人間があらわしているので被造物の一部ですが、その本質でもある言葉そのものは、本来被造物の世界に存在しない神の言葉です。従って、神の言葉であるコーランが地上に伝えられていること、それ自体がムハンマドに対して神がもたらした奇跡であると主張されています。

コーランの内容

アラビア語圏では、単に宗教的な解説書ではなく、文学としても第一級品であるといわれています。文章の意味をあまり理解できない人でも、そのアラビア語の美しさに引かれて改宗した人も多くいると言われています。もともとアラビア人は、戦や争議のときには詩の優劣で勝敗を決めるという手法を方策の一つとして採用したアラビア人たちを説得するだけの優れた内容を持っていたことから、ムスリムの間では地コーラン自体が普通の人間にはつくることのできないような優れた文学になっていることが、コーランが神の奇蹟であることの証明だ。と考えられています。

また、口語と文語の開きが大きくなった現在では、文章語の模範テキストとされていて、出版物などはコーランの言葉(フスハー)で書かれることが多くあります。

コーランの各章は一度に下された啓示のまとまりで、下された時期を基準として、ヒジュラ(イスラーム共同体のマッカからマディーナ(メディナ)への移転)を境とするマッカ啓示とマディーナ啓示に大別されています。

マッカ啓示は、ムハンマドが啓示を受け始めた直後に属するものを含んでいます。これらは非常に短いものも多くあり、内容には唯一神への信仰、終末に対する警告など宗教的情熱を伝える点が特徴的です。その少し後、イスラーム共同体が形成され始めてからは、信者に信仰を促すような啓示が多くみられます。マッカ啓示で信仰的な信条に関する啓示が語り終えられたことから、続くマディーナ啓示では、イスラーム共同体の法規定や、信徒同士の社会生活に関して言及する啓示が多くあります。

コーランで描かれるアッラーフ(ヤハヴェ、エホバと同一)は平均的日本人が想像しているようなキリスト教の愛に満ちたものではありません。非常に荒々しい神で、しばしば怒りをあらわにしています。これらは旧約聖書の神の性格と非常によく似ています。

コーランの構成

ウスマーン版のコーランには、全てで114の章(スーラ)から成り立っています。スーラは節(アーヤ)に分かれています。各章はムハンマドに下されたひとつひとつの啓示ですが、長短は非常に大きなばらつきがあり、もっとも短い第108章「豊潤」には3節しかありません。もっとも長い第2章「牝牛」は286節あります。また、章の分け方とは別に、読誦するときに一度に読む目安となる分量ごとに全体を30等に分割したジュズウという巻に分かれているので、1日に1巻ずつ読誦すると1ヶ月で全てを読誦できるようになっています。

章の構成は、第1章「開扉」を例外として、概して長い章から短い章へ向かう方針で編纂されています。でも、時系列はばらばらになっています。しかし、後代のウラマー(イスラームの学者の総称)達の研究でおおよその推測がなされるようになりました。そこでコーランの章を時期別に大きく三つに区分することができます。第1期はムハンマドが初めてアラーの啓示を受けてからの初期段階、第2期は大衆への伝道を進め、メッカにおける迫害が厳しくなった時期、第3段階はヒジュラ(ムハンマドがメッカの迫害を逃れてメディナへ遷都したこと)以降の啓示です。

それぞれの特色を述べると、第1期は啓示が押し並べて短くなっています。この時期はムハンマド自身がイスラームの境地を見出そうとしているときでもあり、信奉者もごく少数の身内が主でした。初めてアラーの言葉を聞いた当初のものとされるコーランの記述を見てると、ムハンマドのアラーの言葉へ対する畏怖の念が強く出ているのが興味深いといえるでしょう。啓示も神の創造と世界の終末を厳かに語って、アラーの権威付けを行っています。そしてなによりも詩的で力強くなっています。

第2期の特徴としては、約80章もの啓示が下り、分量が多いことと、内容が説話的ということです。ただし、旧約聖書や新約聖書に比べると、コーランはストーリー性を重視していない嫌いがあるので、かなり端折ったりしています。このころになると一般大衆の信奉者が増えているので、危機感を持ったクライシュ族の迫害が始まりました。ここで改めてイスラームの正当性を主張して、ムスリムの結束を呼びかけています。

第3期の特徴としては、一章あたりの啓示が長いこと。内容としては法制的で、イスラーム社会の規律についてしきりに述べています。クライシュ族の迫害を逃れてメディナに逃れると、クライシュ族や現地のユダヤ教徒との対抗の必要上ウンマ (イスラム)(イスラームの共同体)がここで形成されています。そこで信徒の生活に深く介入して、きわめて政治的な啓示が述べられています。

もじゃもじゃ・ツルツルどっちがいいのか・・・
ペアレンツキャンプでは抽象的なアドバイスだけではなく、具体的にどうすれば子どもの問題を予防したり解決したりできるのかということを世の中に発信していきたいと考えています。不登校 相談までお気軽にお声掛けください。
剃毛はグローバルスタンダード
TOPページ ヌーディスト文化 ヌードでの活動と抗議運動 その1 ヌードでの活動と抗議運動 その2 ヌードでの活動と抗議運動 その3
コーラン 聖書とコーランの関係 その1 聖書とコーランの関係 その2 コーランの翻訳と研究 その1 コーランの翻訳と研究 その2