剃毛はグローバルスタンダード

つるっつるを目指して…

コーランの翻訳と研究 その2

コーランとイスラム法

イスラム法学では、コーランは神の言葉そのものであるということから、イスラム法(シャリーア)のもっとも重要な法源になっているので、イスラーム法体系における憲法にあたります。

しかしコーランは宗教の信仰に関して語る部分も多くあるので、ムハンマドの死後に最後の啓示が下されてから何十年も経つと、拡大したイスラーム共同体の現状に対して十分に対処できない面が大きくなりました。そこで、生前のムハンマドに直接関わっていた教友たちから口伝えによって伝承されてきたムハンマドの言行をハディースとしてまとめて、コーランに欠けた部分を補ったり、コーランを解釈する助けとすることが始められました。ムスリムにとって、ムハンマドは神の意志をもっとも完全に体現して、それを語り、また実行していた存在とみなされているので、ハディースに伝えられるムハンマドの言葉や行動は、人間であるムハンマドに由来する神の被造物のひとつではあるけれど、神そのものに由来する内実の意味を含んでいたとされています。そこで、ハディースを用いることで、法源としてコーランを補うことができます。

スンナ派での法源学では、第一のコーラン、第二のハディースに第三のイジュマー(合意)、第四のキヤース(類推)を加えて四大法源としています。イスラム法学では、上位の法源では解決できない問題に限って下位の法源をあたることが許されているので、コーランに反する法規定が存在することは原則としてありえません。これは、法源にイマームの見解を重視するシーア派でも同じです。

しかし近代では、西洋のキリスト教社会から押し寄せた近代化の波が、コーランに基づいているイスラム法と近代社会の間の合わないところを一気に拡大させることになりました。これに対してムスリムたちは、サウジアラビアのように厳格なイスラーム法学派(ワッハーブ派)を適用することで、イスラーム法に基づく社会の再構築をはかることもありましたが、多くのイスラーム法学者は四大法源に基づきつつ、イスラム法を柔軟に解釈して現代社会に適合させていきました。また多くの国の政府は、イスラム法に加えて政府や議会が制定する西洋的な近代法をイスラーム法に付加させて対応しています。イスラム法のいっさいを廃止して、ヨーロッパから持ち込んだ近代法一本に改めたトルコはその極端な例といえるでしょう。こうした西洋文明の衝撃に対して行われてきたイスラーム法の変容に対する異議申し立てがイスラーム主義(いわゆるイスラーム原理主義)であり、イスラーム原理主義者の多くは政治的にはコーランを憲法として、伝統的なイスラーム法を法律とするイスラーム国家の建設を主張しています。

剃毛のススメ
こんな良い物件があるなんて知らなかった。 そんな感想を抱ける豊中 新築一戸建て おすすめ物件、お取り扱いしております。 会員登録すると、一般の方は閲覧できない不動産情報もご覧いただけます!

ある判決

イスラーム教徒にとっては神からの言葉でもあるコーランは、アッラーフ自身の一部とも言うべき位置を占めています。したがってコーランを批判することは、アッラーフ(およびそれを奉ずるイスラームという宗教自体)への冒涜に等しいとする解釈が主流です。

なぜなら、コーランの謎の言葉には、神の正体などが書かれているとされているからです。謎の言葉とは、意味が不明の言葉で、神のみが意味を知っている言葉です。そのため、イスラームは他の宗教よりも絶対的に優越している完全な教えという信念ということとあいまって、コーランに対してそのような見解を持たない非ムスリムがコーランの批判を行うことや、コーランをムスリムほど丁重に扱わないことに対し、非ムスリムからすれば理不尽にも思えるほどの憎悪を抱くイスラーム教徒も存在しています。そのような言動の存在自体すら許せないという勢力もあります。現にイスラーム世界のいくつかの国家ではイスラーム法に基づいて、コーランへの批判やその損壊などを犯罪として、非ムスリム・ムスリム問わず犯人を死刑を持って取り締まる場合もあります。2008年6月に、パキスタンでコーランを焼いて、ムハンマドを批判したとしてムスリム男性が死刑判決を受けています。

もじゃもじゃ・ツルツルどっちがいいのか・・・

コーランの目次

  • 1:開扉 2:牝牛 -3:イムラーン一家 4:女 5:食卓 6:家畜 7:胸壁 8:戦利品 9:改悛 10:ユーヌス(平安その上にあれ)
  • 11:フード 12:ユースフ(ヨセフ)13:雷鳴 14:イブラーヒーム(アブラハム)15:アル・ヒジュル 16:蜜蜂 17:夜の旅 18:洞窟 19:マルヤム(聖母マリア)20:ター・ハー
  • 21:預言者 22:巡礼 23:信仰者 24:光 25:天啓 26:詩人たち 27:蟻 28:物語 29:蜘蛛 30:ギリシャ人 31:ルクマーン
  • 32:跪拝 33:部族同盟 34:サバア 35:天使 36:ヤー・スィーン 37:整列者 38:サード 39:群なす人々 40:信者
  • 41:わかりやすく 42:相談 43:光眩い部屋飾り 44:煙 45:腰抜け共 46:砂丘 47:ムハンマド(マホメット)48:勝利 49:私室 50:カーフ
  • 51:吹き散らす風 52:山 53:星 54:月 55:お情深い御神 56:恐ろしい出来事 57:鉄 58:言いがかりをつける女 59:追放 60:調べられる女
  • 61:戦列 62:集会 63:似非信者共 64:騙し合い 65:離縁 66:禁断 67:主権 68:筆 69:絶対 70:階段
  • 71:ヌーフ 72:妖霊 73:衣かぶる男 74:外衣に身を包んだ男 75:復活 76:人間 77:放たれるもの 78:知らせ 79:引っこ抜く者 80:眉をひそめて
  • 81:巻きつける 82:裂け割れる 83:量りを誤魔化す人々 84:真っ二つ 85:星座 86:明星 87:いと高き神 88:蔽塞 89:暁 90:邑(まち)
  • 91:太陽 92:夜 93:朝 94:張り拡げる 95:無花果(いちじく)96:凝血 97:定め 98:神兆 99:地震 100:駿馬
  • 101:戸を叩く者 102:張り合い 103:日差し傾く頃 104:中傷者 105:象 106:クライシュ族 107:慈善 108:カウサル 109:無信仰者 110:助け
  • 111:腐ってしまえ 112:信仰唯一筋 113:黎明114:人間
剃毛はグローバルスタンダード
TOPページ ヌーディスト文化 ヌードでの活動と抗議運動 その1 ヌードでの活動と抗議運動 その2 ヌードでの活動と抗議運動 その3
コーラン 聖書とコーランの関係 その1 聖書とコーランの関係 その2 コーランの翻訳と研究 その1 コーランの翻訳と研究 その2